堺市指定有形文化財
石津太神社拝殿保存修理工事(2)
いよいよ落札業者も決まり、工事にかかる準備が始まります


二月十二日、午前十時に役所立ち会いの下開札。
堺市内の、松原工務店に決定し、契約し契約を交わした。
近隣の挨拶に伺い、松原工務店の希望で、鳥居を一時撤去
させてほしいとの希望あり、許可する 


あれ、鳥居がなくなっています。これは、これから始まる工事で、重機が入りますので
一時、解体し工事がスム−ズにいくようとの配慮から外しました。 
 

工事のため拝殿内の神具、全部 を社務所に
移動したため、ガランと広く感じます
 
 
二月二十日の工事打ち合わせから四月六日に資材の
搬入が始まり十三日から素屋根建設が始まりました
 
 
拝殿北側に資材置き場を設け、日々たんかんの
足場が日を増すごとに高く、そびえてきました。
 

正面も、ほぼパイプ組みが終わり足場板が
回廊のようにできあがってきました。 
 
 
南拝殿、南側にスロ−プを付けて屋根の上まで、
いっきに上がることができるようになりました。
その、西側に工事事務所を設けています。
ここは、工事関係者の休憩場所や、打ち合わせの
場所そして道具置き場としてつかわれます、。

 
拝殿北側の資材置き場北回廊、、これで、
拝殿を一周することが可能になりました
 
 
この工事をするきっかけになった梁の部分
地面から垂直に柱で受けています。左横ちぎの上。
 
 
上部写真の下がこのようになっていました。
鎹がぬけ横梁が前へ落ちていました。
 
 
拝殿北側から望む屋根
このあたりは、少し屋根も、瓦もしっかり
しているように見えます。
 

北側の役物がついていた場所です
平瓦は比較的しっかりしているようです。 
 
 
南側の楠の剪定、堺市公園課の職員
文化財課の小林、岡本両氏の立ち会いの下
枝の剪定が時間をかけ、枝を払っていかれました
 

南側井戸館の上からも新しい芽を葺いた枝が
多く出ていました。
 
  
正面右側のそり出した枝、二年掛かりで
葉がしっかりと新芽を付けるようになり、
枝を払うのが、少し寂しいと、役員さんの
本音を聞かされ、最小限度にしていただくよう希望しました。
2年間一生懸命再生を願い手入れをしてくれた役員さんの
努力が実り、新しい葉が元気よく育ってきました。
我舞谷さん、押部さん、中野さん、本当にご苦労さんです。

今後も、暖かく見守っていきましょう。
 
 
この日の最後に、正面に戻り全体の景色を納めました
これで、いよいよ連休明けから、本格的な工事が始まります
まずは、かわらの調査、そして、瓦の撤去、降ろして検査等
新たな段階にすすみます。ご期待ください。
 


inserted by FC2 system